Japan Chemical Industrial Association  

 
靴のお手入れ    


はじめに

足の裏は汗をかきやすく、細菌やカビが発生しやすい状態です。常に靴も休息を与えて日頃からの手入れが靴を長持ちさせる秘訣です。


Point1 履く前のケア


新しく購入したらまず保革クリームを塗りましょう。
布に少しずつクリームをつけ円を描く様に薄くムラなく塗ってください。

Point2 休ませることも大切です


靴に休息を与えて湿気を十分にとることで、型崩れを防ぎます。1日履いたら2、3日休ませることがポイント。複数の靴を交互に履きましょう。

Point3 雨の日は履かない


革靴が傷む一番の原因は、雨にぬれること。もし雨にぬれた場合は、乾いた布で湿気を取り、靴の中に布や紙を入れ、風通しの良い場所で陰干しをしましょう。十分に乾いてから、最後にクリームを薄く塗ってください。

Point4 ホコリや汚れを残さない


靴を少しでも履けばホコリや汚れが付きます。履き終わればブラッシングをして靴用クリームを軽く塗りましょう。面倒ですが、日頃から手間をかけることが、靴にとって一番大切です。


素材別お手入れ方法



一般的な革

ブラシでホコリを払い落とし、布にクリームを取り、汚れを取ります。クリームが乾いたら、仕上げ用の布でツヤを出します。

裏革、起毛革(ファー)

毛ブラシや起毛素材用ブラシで起毛の中の汚れを丁寧に取り除き、風通しの良い場所で乾かしましょう。最後に再度ブラッシングしてください。 )

合成皮革

ブラッシングでホコリを取り、布でさっと水拭きするだけで、汚れが落ちます。

布地(キャンバス)

ブラッシングでホコリを取り、布でカラ拭きし、汚れは消しゴムタイプのクリーナーで取ります。靴を傷めないためにも、強くこすらないようにするのがコツです。
それでも落ちない場合は、中性洗剤を入れたお湯をバケツに入れ、浸けながらブラシで洗い陰干しをします。洗濯機で洗って最後にドライヤーで乾かすのは、靴を傷めてしまうので避けましょう。


ホーム

組合のご案内

業界のご案内

神戸シューズ

統計データ

イベント情報

展示会情報

リンク

靴のお手入れ

お客様からのご質問





組合員

青年部会

紫陽花会

 
ページトップへ
靴のストーリーは、いつも神戸から。
日本ケミカルシューズ工業組合

〒653-0037 兵庫県神戸市長田区大橋町3-1-13
TEL078-641-2525